LIFE STYLE / 財テク・お金

看護師の給料の手取り。働く環境でこんなにも差が出る理由は?

Written bymedina事務局

看護師の給料は、他の職種と比較をすると高いと言われています。しかし、看護師の基本給は特別高いわけではなく、各種手当が加算されることで高くなります。また、働く環境でも給料は変わるという特徴もあります。

 

 

 

看護師の給料は安い?高い?

「看護師」と聞くと、稼いでいるなというイメージがありませんか?

 

医療の専門家である看護師。命に関わる仕事のため医療や看護に関する勉強や技術を習得して、看護師免許もって働いています。

 

また、命は時間は関係ないため夜勤も職場によってはあったり、オンコールがある職場もあります。
そのため、「ハードな仕事」と言うイメージもあるのではないでしょうか。

 

そのハードな看護師と言う仕事ですが、実際にいくらぐらい稼いでいるのでしょうか。

 

女性労働者の平均手取りと比べると圧倒的に高い

看護師と一般企業に働いている場合と比較をしてみましょう。

 

まず、看護師ですが勤務先や雇用形態などで収入はかわるので一概にいくらとは言えませんが、平均月収は30万前後です。

さらに、ボーナスが50万~100万であるため、年収は450万円ぐらいです。
この収入は、勤務年数や役職、勤務先の給料形態などで左右されます。

 

次に、一般企業で働いている場合、こちらも職種や雇用形態などで異なるため一概には言えませんが、平均年収は380万円です。

 

基本給が安定している上に、特別手当でも稼げる

看護師は「看護師免許」を取得してから働いているため、基本給のほかに資格手当が加算されていたり、危険手当や夜勤手当などの手当も加算されています。
看護師の給料は、基本給だけだととても高い金額とは言えません。

 

でも、そこに各種の手当がつくことで他の職種と比較をすると高い給料になっていきます。

 

しっかりした福利厚生が受けられる

看護師の働き方はいろいろあるため一概に言えませんが、正社員として働いた場合、福利厚生をしっかり受けることが出来ます。

内容は企業と同じように勤務先によっていろいろであるため、勤務先の担当者に福利厚生の内容は確認をしてください。

 

 

看護師の初任給はいくら?

看護師の初任給はいくらなのでしょうか。

 

看護師の初任給は15~26万

看護師の初任給は、地域や就業先で異なりますが基本給が15~26万です。
看護師は専門学校でも大学でも免許を取得できますが、専門学校卒と大学卒だけで比較をしても1万円ぐらい給料は違ってきます。

 

看護師は基本給だけをみると普通ですが、基本給に資格手当や夜勤手当、危険手当などの各種手当がつくことで、同世代の人と比較をすると給料が高くなるという仕組みです。

 

学歴によって初任給に大きな差が出る

先にも書いたように、看護師免許は専門学校や短期大学、大学でも取得することができます。
免許は同じでも学歴が違うことで給料に差がつきます。

 

病院の規模や地域によっても差が出る

看護師の給料は、就業先の規模や経営状態、地域、雇用形態や就業形態でも差がでます。
大きな病院だからといって必ず給料がいいとは限りません。
就業先の給料形態がどのようになっているかでも収入に差がでます。

 

 

看護師の手取りは環境によって違う

 

看護師の手取りは環境によって違ってきます。

2年目の看護師が新人より手取りが下がるのは税金が上がるから

看護師1年目の給料と2年目の給料を比較すると、2年目の方が手取りが減ることもあります。
その理由は、税金は前年の収入で決まります。

 

看護師1年目の時は、学生時代の収入で納税額が決まるため、収入の割に納税額が少なくなります。
しかし、看護師2年目では1年目の時の収入で納税額が決まるため、看護師1年目の時より納税額が多くなります。

と言うことは、看護師1年目の時よりも2年目の時の方が手取りが下がってしまうこともあります。

ユニフォームのレンタル費やまかないなどの雑費がかかる場合がある

税金の関係で収入が減ること以外に、ユニフォームのレンタル費や職場で購入する食事代などの雑費がかかる職場もあります。

 

それらの雑費は給料から天引きされることが多いため、全てを引かれた状態で給料が支給されます。

 

寮に入っている場合は寮費が必要

看護師として就職をしたときに、中には病院が用意している寮に入寮する人もいます。
入寮した人は、給料から寮費が天引きされます。

 

 

看護師の基本給アップが難しい理由は?

看護師の給料は、いろいろな手当がつくことで高くなります。
基本給だけをみると、基本給をアップさせることは難しいと言われています。

 

看護師は昇給がしにくい職業

看護師は1年目から給料が高いという特徴がありますが、経験年数が何年かあっても昇給があまりしないという特徴もあります。

 

そのため、看護師歴が何十年とある人でも役職やプラスアルファの資格などが無い限り、昇給をあまりしないこともあります。

 

看護師の給料が高いのは特別手当の存在が大きい

看護師の給料が高いのは、やはり夜勤手当や危険手当などのいろいろな手当がつくことが大きく影響します。例えば、夜勤をやる場合と、やらない場合とではそれだけでも収入が大きく変わります。

 

しかし、手当も決まった金額がつくため収入アップをしたいのであれば、関連する資格を取得することも方法です。

 

ポストが限られているので、給料を上げたいなら職場を変える他ない

給料を上げる方法は、何かポストに就くことも方法です。
しかし、ポストに就きたいと自分で思ってもつけるものではありません。
また、ポストの数も限られているため、ライバルが沢山いることになります。
もし、給料を上げたいのであれば転職をすることも方法です。

 

転職をすることで給料が上がることもありますが、転職前に給料がいくらもらえるのか確認はしておきましょう。

 

 

働く地域どこがおススメ?首都圏ほど給料が良い!

 

看護師やその他の職種も同じことが言えますが、同じ職種であっても働く地域によって基本給は異なります。

 

東京

日本の首都である東京で看護師として働いだ場合を見てみましょう。

 

まず、東京と地方の都市部の物価を比較をすると、当然のことながら東京の方が物価が高いという特徴があります。

 

看護師の給料も東京で働く場合、勤続7年の人を比較をすると東京都の看護師は平均給料が35万円前後、 平均年収は545万円です。

 

全国の看護師の平均年収は400万円代後半であるため、東京で働いたほうが収入が上がるという結果に なります。

 

神奈川

次に、神奈川で看護師として働いた場合を見てみましょう。

 

神奈川は東京の隣に位置する県です。神奈川で看護師として働くと、平均給料が35万円前後、平均年収は400万円台後半です。東京ほど高い収入ではありませんが、全国平均と同じぐいらと言うことがわかります。

 

北海道
では、北海道で看護師として働いた場合を見てみましょう。
北海道で看護師として働いた場合、平均給料が32万円前後、平均年収は460万円前後です他の地域と比較をすると若干、少ないかなという印象です。

 

 

施設形態でも差が出る?おススメの職場はどこ?

看護師として働くことができる就業先は、いろいろあります。
就業先によって仕事内容はもちろん、給料も異なります。
また、看護師はいろいろな雇用形態や働き方を選択することができます。

 

給料も雇用形態や勤務形態などでもかわるため、自分が希望する働き方でいくらの給料になるかは確認が必要です。

 

大学病院

大学病院は給料が良いといいます。
その理由は、黒字経営が多い大学病院があるという事です。
中には経営がいまいち・・・というところもあると思いますが、それでも他の就業先と比較をするといいかもしれません。

 

でも、大学病院は高度医療を行うため普段の業務量や業務内容と給料を比較すると、給料が安いと感じてしまうこともあります。

 

国立大学病院の看護師として働いた場合、給料は公務員に準じているため経営状態にあまり影響はされません。

 

しかし、私立大学病院の場合は給料は経営状態にも影響されるため、高いと感じたり安いと感じることもあります。

 

在宅看護

在宅看護は「訪問看護師」と呼ばれます。
訪問看護師は訪問看護ステーションの職員であり、患者の家庭で看護ケアを行う看護師です。
そのため勤務は日勤のみですが、就業先によってはオンコールがある訪問看護ステーションもあります。

 

訪問看護師の平均給料は25万~32万ぐらいで、平均年収は400万円~500万円です。
給料は事業所の経営状態などに影響されます。訪問看護師は日勤のみの勤務です。
クリニックも日勤のみの勤務ですが、訪問看護師の方が給料が高く好条件と言えます。

 

老人ホーム

高齢者施設は増加しています。高齢者施設の経営は、企業や社会福祉法人が母体です。
高齢者施設での看護師の求人は増加していますが、給料が格別高いわけではありません。
一概にはいくらとは言えませんが、病院で働く看護師と比較をすると20万円ぐらいは低くなってしまいます。

 

高齢者施設の看護師は夜勤がないため、夜勤手当がつきません。
夜勤をやらないと看護師の給料はそこまで高いとは言えないため、高齢者施設では働くと安く感じてしまいます。

 

でも、夜勤がなく残業もほとんどないため、自分の時間を確保することはできます。

 

 

まとめ

看護師は他の職種と比較をすると給料が高いという特徴があります。
しかし、そこには資格手当や夜勤手当などが加算されているからです。基本給だけをみるとすごく高いわけではありません。

 

さらに、看護師とした働いた場合、就業先の経営状況や雇用形態、勤務形態なども給料に影響されます。
自分がどのような働き方をしたいか、いくらぐらい給料が欲しいのかを考えて、就業先を決めることが、給料アップにつながる方法です。また、関連する資格を持っていると手当として加算されたり、転職で有利になります。

 

給料が高い看護師ですが、その分、仕事内容などもハードですがやりがいがある仕事です。
給料だけに注目をするのではなく、やりがいなども考えて就業先を決めることも大切です。

Written bymedina事務局

メディーナ運営事務局です